体組成計って

体組成計って一体ナニ?普通の体重計となにがちがうの?

体組成計って一体ナニ?普通の体重計となにがちがうの?

なにが測れるの?データシートで見比べよう

体組成計データシート
全身データ 体重計では計測できない、全身データのチェックです。
体型判定 筋肉量が少なく体重が軽い人で、体脂肪率が高いと「隠れ肥満」と評価されます。
内臓脂肪レベル 腹部に脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満は生活習慣病発症の原因になるので注意しましょう。
基礎代謝量 基礎代謝の判定には、年代ごとの平均値と統計的分布に基づいて「燃え…
筋肉総合評価 筋肉量を部位ごとに表示しています。
脂肪総合評価 脂肪量を部位ごとに表示しています。
筋肉量左右バランス 腕と足の筋肉量について左右のバランスを○印で示しています。
脚部筋肉量点数 体重に占める足の筋肉量の割合を理想値と比較し、点数で表しています。
体脂肪分布 体幹部の脂肪量を下肢の脂肪量で割ったものです。
その他の情報

サンプルデータ付シートを見る

全身データ全身データ全身の測定結果を表示し、
標準的な値と比べることができます。

標準値は測定者の性別・年齢を考慮して、平均的な値(体脂肪率標準範囲の中間点とBMI 22.0)をもとに算出しています。

体型判定体型判定体脂肪率と筋肉量によって総合的に体型を判定します。

現状の体型を認識していただき、よりバランスのとれた体型を目指すための指標になります。
また、トリドーシャ判定でアーユルヴェーダ的体質傾向も見ることができます(あくまで参考値です)。動物でも体型を例えてみました(動物占いならぬ…)。

*17歳以下は体脂肪率判定のみ表示されます。

体型判定体型判定腹腔内(内臓の回り)についた脂肪量をレベル表示します。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて生活習慣病の危険因子により強い関係があると言われています。
内臓脂肪レベルの推移を長期的に捉え、健康管理にお役立て下さい。

医学的には、腹部X線-CT画像による実測値で100平方センチメートルを超えていると、生活習慣病を引き起こす可能性が高いといわれています。本機では、内臓脂肪レベル10がおよそ内臓脂肪面積100平方センチメートルに相当します。

  レベル 判定の捉え方
標準 9以下 今のところ心配ありません。これからも
バランスの良い食事や適度な運動を維持しましょう。
やや過剰 10~14 適度な運動を心がけ、カロリー制限を行い、
適正体重に向けて減量をはかりましょう。
過剰 15以上 積極的な運動や食事制限による減量が必要です。
医学的な診断については医師にご相談ください。

※体脂肪率が低い方でも,内臓脂肪レベルが高い場合もあります。
※医学的診断については,医師にご相談ください。

基礎代謝量基礎代謝量基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。本機では体組成をもとにした基礎代謝量を表示し、年代別の平均値と統計的分析に基づいて「燃えにくい-標準-燃えやすい」を評価しています。

基礎代謝量は体の大きい人が大きな値になりますので、絶対値での評価よりも体重1kgあたりの基礎代謝量で評価しています。

基礎代謝量は通常、1日の総消費エネルギーの約70%を占めるといわれています。
基礎代謝量が多い人は脂肪が燃えやすい体で肥満になりにくく、少ない人は脂肪が燃えにくい体で太りやすいといわれます。

筋肉総合評価筋肉総合評価部位別の筋肉量を分析した値です。

グラフでは同性別、同体格の人の平均と比較して、多めか少なめかを評価することができます。
筋力トレーニングなどの結果や左右のバランスを、数値で確認することができます。

脂肪総合評価脂肪総合評価部位別の脂肪量、体脂肪率を分析した値です。

どの部位が全身の体脂肪率を押し上げているかがわかるとともに、減量の効果などを確認することができます。
生活習慣病との関連が強いといわれている体幹部の脂肪量の評価も一目瞭然です。

筋肉量左右バランスチェック筋肉量左右バランスチェック左右の腕と脚の筋肉量を比較して左右のバランスをあらわしています。

左右の筋肉のバランスが崩れることにより、体の変調をきたすことがあるので、バランスチェックは重要です。
四肢の怪我等からのリハビリテーション等の効果を評価する際にも有効です。

脚部筋肉量点数(脚点)脚部筋肉量点数(脚点)脚部筋肉量点数(脚点)とは、体重に占める脚の筋肉量の割合をあらわした数値です。
理想的とされる値と比較してスコア化しています。

脚部の筋肉量が減少は、転倒予防やその結果による寝たきり防止などの観点からも注意すべきです。

*17歳以下は表示されません

  低い やや低い 良い
脚点 50~79点 80~89点 90~150点

体脂肪分布体脂肪分布体幹部の脂肪量を下肢の脂肪量で割ったものです。

平均ラインと比較することで、上半身と下半身のどちらに脂肪が多くついているかを判断できます。
お腹回りに脂肪がたくさんつくと、この値は高くなり、上の方に○がつきます。特に中高年の男性は加齢とともにお腹回りに脂肪がつきやすくなりますので、注意が必要です。

*17歳以下は表示されません

その他の情報その他の情報リアクタンス/レジスタンス情報が表示されます。
(測定結果の判定を左右するものではありません)

体重計モードでの測定結果はここにプリントされます。
17歳以下の場合、ローレル指数(rohrer index)がプリントされます。


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
  2. Clip to Evernote