教えて、タニタさん!数値との上手な付き合いかた

タニタの本田さん直伝!いつまでも綺麗で美しくいるための食べ方

ヨガして心身を整えたら、バランスの良い食事で内側からも綺麗を目指しましょう。「人間の身体は口に入れる食べ物からできている!」を合言葉に、美容と健康のプロ、株式会社タニタの本田さんが推奨する食事方法をご紹介。おすすめメニューは、いま巷で話題のレシピ本『タニタ体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~』を参考にしています。

未来の健やかなカラダをつくるために、いまできること。

測定数値から見えてくる 自分に合った 正しい食事の量とは?!へ

  • 美と健康を司る、鉄板10ヶ条!
  • 今日の献立

いつまでも綺麗で美しくいるための食べ方

  1. 腹八分目
    カロリーを制限しても、栄養はきちんと摂りましょう
  2. 旬のものをいただく
  3. 良質たんぱく質をしっかりとる
    血中アルブミン値の低下が防げます。魚、肉 2:1の割合で。脳やカラダに良い大豆も摂りましょう
  4. 野菜、果物を十分に摂る
    野菜、果物に含まれるフィトケミカルにはアンチエイジング作用があります
  5. 脂肪の質に気をつける
    動物性脂肪(パルミチン酸)、リノール酸は減らす/オレイン酸(オリーブオイル)、オメガ3系脂肪酸(魚油)を摂る
  6. 夕食は20時までにすませる
  7. 作り手の見える食材、食事
  8. よく噛む
    1口最低20回の咀嚼
  9. 色取りのよい食事
    1日3食、1回の食事に5色の色をそろえましょう
  10. カルシウム摂取と日光浴
    骨粗しょう症予防のために1日800-1000mgのカルシウム摂取と日光浴を(一般的に、晴れた日に顔と肘から先の腕を15分直射日光に当てるだけで、ビタミンDが合成されると報告されています)
  • 美と健康を司る、鉄板10ヶ条!
  • 今日の献立

厚揚げのピリ辛きのこあんかけ定食(1人前475kcal)

白米(160kcal)

大豆たんぱく質、植物性カルシウム、食物繊維がたくさん採れるヘルシー定食。ベジタリアンの方には、炒め煮のちくわを省いて、ごぼうとこんにゃくを増量。スープの豚肉を油揚げに替えれば、栄養バランスを損なうことなく対応が可能です。

厚揚げのピリ辛きのこあんかけ(280kcal)ちくわとごぼうの炒め煮(65kcal)だいこんの甘酢和え(26kcal)豚肉となめこのスープ(16kcal)
材料(2人分)
厚揚げ・・・1枚
干しいたけ・・・3枚
えのき茸・・・1/2パック
たまねぎ・・・1/4個
なす・・・1本
グリーンピース・・・適量
調味料(A)
生姜(みじん切り)・・・小匙1/2
にんにく(みじん切り)・・・少々
豆板醤・・・少々
油・・・小匙1/2
中華スープ・・・160cc
オイスターソース・・・大匙1/2
みそ・・・小匙1
水溶きかたくり粉・・・適量
作り方
  1. 1.厚揚げは一口大に切って湯通しする。干しいたけは水で戻して薄切りに、えのき茸は半分に切る。たまねぎはスライスし、なすは乱切りにする。
  2. 2.鍋を中火で熱して油をひき、Aを入れて香りを立てる。
  3. 3.しいたけ、えのき茸、たまねぎ、なすを加えて炒める。野菜がしんなりしたら中華スープ、オイスターソース、グリーンピースを加えて煮立て、最後にみそで味をととのえ、水溶きかたくり粉でとろみをつける。
  4. 4.厚揚げを皿に盛り、3のあんをかける。
材料(2人分)
ちくわ…1本
にんじん…2cm
ごぼう…1/3本
こんにゃく…1/4枚
だし汁…60cc
調味料(A)
砂糖…小匙1
しょうゆ…大匙1/2
ごま油…小匙1/2
レタス…1枚
作り方
  1. 1.ちくわは小口切りに、にんじんは短冊切りにする。ごぼうは千切りにして水にさらしアクを抜く。こんにゃくは短冊にしてさっとゆでる。
  2. 2.鍋を強火で熱し、ごま油を入れて、ちくわ、ごぼう、こんにゃく、にんじんを炒める。
  3. 3.全体に火が通ったら、だし汁、調味料Aを入れて中火で煮る。
  4. 4.器にレタスを飾り、3を盛り付ける。
材料(2人分)
だいこん…3cm
にんじん…2cm
塩…少々
砂糖…小匙1
酢…小匙1
作り方
  1. 1.だいこんとにんじんは千切りにし、塩をふってしばらくおいて、しんなりしたら水気を絞る。
  2. 2.調味料Aで、だいこんとにんじんを和える。
材料(2人分)
豚もも(薄切り)…10g
長ねぎ…5cm
中華スープ…300cc
なめこ…1/2袋
おろししょうが…小匙1/2
塩こしょう…少々
作り方
  1. 1.豚肉は短冊切りに、長ねぎは小口切りにする。
  2. 2.鍋に中華スープを沸かし、豚もも、長ねぎ、なめこを入れて火を通し、塩こしょう、しょうがで味をととのえる。
今回実践して美しくなっちゃった所感。

背中と二の腕についたお肉が気になる三十路ヨギーニ。ココロと身体のメンテナンス目的でヨガスタジオに行くが、練習あとの空腹に負けてついつい食べすぎる。本田さんのインタビューに感化されて、目下慣れない料理に奮闘中。最近の口癖は「3ヵ月後、みてなさいって!」

いまの時期、暑い夏には「厚揚げのピリ辛きのこあんかけ」に入れる豆板醤をすこし多めに追加して、ピリ辛よりもホットな辛さに挑戦!おかげで白いご飯がすすみます・・・が、食べすぎてしまうと本末転倒ですよね。でも、発汗作用&新陳代謝UPの相乗効果が見込めるので、今日だけはよしとしましょう(笑)それから、レシピ本には「ダイコンの甘酢和え」に梨や柿を入れると書いてありますが、今は旬ではないので省いて作りました。なにかもうひと素材加えたいという方には、体の熱を吸収してくれる夏野菜、きゅうりなどでも相性が良さそうですよ♪

まだまだ大盛況が続く有楽町「タニタ食堂」。食堂のメニューをそのままお弁当にした「タニタ食堂弁当」なるものを都内某所で発売開始したとの情報も。隊長も一足お先に購入してみましたが、およそ500kcalとは思えない満腹感はお弁当になっても健在!でした。
・・・・・・そんな隊長の近況は はかろうのFACEBOOKページ で随時更新中。こちらも要チェックでおねがいします!

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
  2. Clip to Evernote